地元暮らしをちょっぴり楽しくするようなオリジナル情報なら、寝屋川の地域情報サイト「まいぷれ」!
文字サイズ文字を小さくする文字を大きくする

寝屋川の地域情報サイト「まいぷれ」寝屋川市

春一番名付けの日

 まいぷれ寝屋川 編集部のニュース

春一番名付けの日
「春一番」という言葉が初めて使われたことを記念した日。

「春一番」とは冬の北風とは逆方向で、南から吹きつける強風のことで、暖かい風に春の近づきを感じさせる。例年2月から3月の半ば、立春から春分の間に吹き、気象庁では「春一番」の到来を毎年発表している。

もともと「春一番」または「春一」という言葉は長崎の漁師の間で使用されていたもの。1859年(安政5年)2月13日、長崎県壱岐郡郷ノ浦町(現:壱岐市)の漁師が漁に出た際、強風で船が転覆し、53人の死者を出す事故があった。この事故で「春一番」という言葉は全国に広まったという。
※インターネット雑学ネタ帳より引用。




寝屋川市公式ホームページから配信された情報はコチラ
表示されている内容は最新ではない可能性がございます。


寝屋川市のお天気はコチラ


まいぷれでは皆様からの情報をおまちしています
★まいぷれ寝屋川編集部の詳細情報は ⇒ コチラ

カテゴリ

もっといろいろ[地域ポータルサイト]

まいぷれ寝屋川 編集部

最新のニュース一覧へ

人気のキーワード